支部通信

【動画】令和元年 下半期 昇級昇段審査がありました

【動画】令和元年 下半期 昇級昇段審査がありました

2019/12/16

12月1日、令和元年下半期の昇級昇段審査が行われました。
午前は空手、午後は琉球古武道。1日がかりの審査です。審査にあたった師範、先生方、また受審した門下生の皆様、おつかれさまでした。

かく言う私も、空手(一級)と琉球古武道(初段)と両方とも受審したので、最後の方はかなり消耗しました。午前の小手鍛え、三戦の鍛えの影響で、釵を持つ手に力が入らない…などのあるあるハプニングもありましたが、何とか合格できました。そう、今回受けた門下生はみんな無事合格!普段の稽古の成果を遺憾無く発揮できました。

琉球古武道四段に受かった横山、吉田、坂本 三先生方の形は素晴らしく、與儀会長も感心する技の冴えでした。関東本部の三天狗とでもお呼びするべきでしょうか。少年部もみんな頑張りました。審査前は浦安にも毎週来ていたM兄弟も、揃って合格おめでとう。

空手では、大橋指導員の三方割。三枚目の拇指拳での2枚打ち抜きが喝采ものでした。その後の打ち上げの席で会長曰く、「次は頭突きでバットを折るのが見たいな。誰かいない!?」とのことでした。いや、私は頭柔らかい方なんで…。

審査の様子の動画をアップしましたので、ぜひご覧ください。

(菊)