記事一覧

2022年7月16日 礼法と組手稽古

来月の世界大会に向けて、関東本部長より競技大会における礼法をご指導頂く。礼法を備える事は、試合時のゆとりにも繋がります。良い学びになりました。組手稽古は、攻守交替で行う事を取り入れています。会員達の受け技も向上しました。 […]

2022年5月29日 十三(セーサン)

昇級昇段審査に向けた稽古を行いました。茶帯・黒帯会員は、関東本部長より「十三(セーサン)」をご指導頂きました。踏み込んでの肘突きはじめ、四方に繰り出す攻防は非常に実戦的です。鶴の構え等が含まれているので、女子会員が行うと […]

2022年5月21日 十戦(セーチン)。

形稽古を行いました。十戦(セーチン)は、掬(すく)い受けや、猫足・鶴足立ちが動作に入り、初めに習う形に比べて、グッと難易度が上がる。重心移動を慎重に行うので、集中力も身に付きます。形には色んな学びがあります。

2022年5月14日 大会終えて初稽古

先日大会を通じて、参加選手は更に向上。三戦も集中していました。黄色帯会員は「完子和」を練る。関東本部長より、細かい動作までご指導頂いた。初級型ですが、磨かれた技で行うと昇華する、魅力的な型です。これからも丁寧に稽古しよう […]

2022年4月25日 大会に向けて。

来月大会に向けて、試合でのコート入退場方法を関東本部長からご指導頂く。その後、会員子供達も実際に反復しました。これらも一つの礼法であり、入退場も審判基準に影響するので、しっかり身に付けてほしいです!みんな頑張ってね!

2022年4月16日 三戦稽古。

経験年数を目安に、稽古は2部制で行っています。中級者以上のクラスは、今回24名の会員が参加。新高校生もみんな集まりました(嬉しい!)。関東本部長からは、三戦を丁寧にご指導戴く。会員達の真摯に聴く姿勢にも感心。みんなの成長 […]

2022年4月2日 4月1日稽古。

4月に入る。幼年部の女の子、「もうすぐ小学校なの〜。」と待ち遠しい様子。稽古の仕上げは恒例の腕立て伏せ。筋力トレーニングというより、体幹を意識してもらうのが目的。回数は5回✕2セットと少なめですが、しっかり深く行います。 […]

2022年3月26日 ミット打ち

昨日法典支部稽古は、刻み突きを無拍子(ノーモーション)で行うのをテーマにミット稽古。肩や拳が振動すれば相手に悟られるので、予備動作に気を付けるように伝える。「自分の動きは相手にどう見られてるんだろう?」と、みんな集中して […]

2017年6月26日 琉球古武道大会までわずか!

来たる大会に向けて一生懸命稽古しました! 大会では型を行なう際に、勝つ為のポイント(緩急・魅せる技術)も 意識する必要があります。 みんな稽古終了ギリギリまで、稽古に励んでましたね。 活躍祈ってます!